Page 2 of 5

カステラってカタカナで書くけど、一応和菓子です

甘いスポンジケーキのような「カステラ」、あの茶色の焦げ目のところが特に好き、という通(?)の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近では、「生カステラ」、「半熟カステラ」などという変わり種も登場し、卵と砂糖の甘い香りが、小さなお子様から若い女性にも人気のお菓子ですね。

そんなカステラですが、その名前の由来は「スペインの地名である」という説があります。

その昔、カステラは、長崎にキリスト教の宣教師がやって来た際、キリスト教などと一緒にポルトガル人が伝えた、と言われているお菓子です。

有名なカステラのお店の箱の装飾には、それを思わせる絵柄が入っているものも見かけますね。

彼らは、カステラについて説明する際に、「これはカステラのお菓子です」と説明していたようですが、その「カステラ」とはスペインにある地名「カステーリャ」を、ポルトガル読みの「カステーラ」にしたものでした。

つまり、元々は「これはカステラというお菓子ですよ」という意味ではなく、「カステラという地域のお菓子ですよ」という意味だったのですね。

また、伝わった当初のカステラは、小麦粉、卵、砂糖でできており、現在のものと比べると「パウンドケーキ」のようなサックリした焼き菓子だったようです。

ですが、餅やまんじゅうなど、しっとりモチモチとした食感を好む日本人には、パサパサした口当たりは好まれなかったようで、まもなく日本人に合うように改良がされました。

そして、蜂蜜、水飴などが加わり、しっとりした食感に仕上げられました。このような改良が落ち着き、今のようなフワフワのカステラの形になったのは、明治以降のことだと言われています。

さて、カステラは、この時に改良されて蜂蜜や水飴などが加わったことにより、どら焼きの生地やあんこ、豆類などの、日本の食材とも合うお菓子に変化しました。

「中村屋」などで見られるお菓子には、どら焼きの生地でカステラを巻いたお菓子があります。また、「シベリア」というお菓子は、カステラ生地のスポンジで羊羹の層を挟んだ不思議なお菓子です。

ちなみにこのシベリア、溶けている状態の羊羹を、カステラ生地の上に流し込み、もう一枚のカステラ生地をその上へ乗せて固めるため、カステラ生地と羊羹とはぴったり密着しています。

食べると、甘いカステラ生地とあんこが、どら焼きのような味わいでなかなかおいしいお菓子です。

西日本よりも東日本の方が多く流通しているお菓子なのだそうです。見かけた方はぜひお試しください。

その他、カステラには、チョコレート味や抹茶味、桜の時季には桜色のものが売り出されたりと、色合いも豊かです。また、生地に粒あんや黒豆、うぐいす豆などが練り込まれたものもあります。

また、表面積が広く、焼き印で文字などをつけるのに良いことから、最近では、敬老の日や父の日、母の日、出産の内祝いなどに、感謝の言葉や子供の名前を焼きつけたものなども人気ですね。

これからも、どのような変化を遂げてゆくのか、楽しみな和菓子の一つです。

どら焼き、ちょっと洋菓子の香りのする和菓子ですが

一見、ふんわりと上品な甘さのパンケーキであんこを挟んだ、洋風な見た目の「どら焼き」ですが和菓子の一つです。その歴史は、いったいどんなものだったのでしょうか。

どら焼きの歴史は、餅やだんごよりは新しく、現在の形に落ち着いたのは、ホットケーキなど西洋の文化が入り始めた、明治時代以降のことだと言われています。

中身に使うあんこは、粒あんであることがほとんどですが、白あんや、甘く煮た栗、あんこと餅などがあります。

しかし最近では、パンケーキのような生地であることから、生クリームやバターなどを挟んだものなどもあり、バリエーションの豊かな和菓子だと言えます。

さて、このどら焼き、なぜ「どら焼き」と呼ばれるかというと、「昔は鐘の一つである「銅鑼(ドラ)」を用いて生地を焼いていたからだ」とか、「その銅鑼に見た目が似ているから」というような説があります。

ちなみに、どら焼きは関西の方では「三笠」という名前で呼ばれることが一般的です。これは、「三笠山」という奈良県にある山に起源があります。

どら焼きを、三笠山からのぞく満月に例えて「三笠」、と呼んだという説があります。その他、どら焼きの膨らみが、三笠山の山の輪郭に似ているから、とも言われています。

どちらにせよ、どら焼き一つを自然の風景に例えた、たいへん美しい理由ですね。

さて、とてもよく似ている「どら焼き」と「ホットケーキ」ですが、実際のところ、この二つに違いはあるのでしょうか。

ホットケーキやパンケーキと、どら焼きは、見た目も食感もよく似ています。実は長いお菓子の歴史の中でも、混同されることが多くあったようです。

まず、ホットケーキやパンケーキは、冷えてしまうとパサパサになったり、かたくなってしまいます。ホット専用、というわけですね。

これに対してどら焼きの生地は、焼き上がったものを冷ましても、柔らかいまま保たれています。

これは、生地に配合されているものの違いからきています。ホットケーキやパンケーキに使う主な材料は、小麦粉の他に卵や牛乳、砂糖です。

これに対してどら焼きの生地は、小麦粉、卵、砂糖の他にも、様々な材料が入ります。

それは、膨らませるための重層、モチモチした食感を作る餅粉や、しっとり感を出す蜂蜜、また、みりんや日本酒、水飴、黒糖などであり、日本の和菓子に使われるようなものが多く使われています。

これらの効果により、焼き上がり後に時間が経っても、モチモチフワフワな状態を保った生地が出来上がる、というわけですね。

さらに、あんこの甘さを邪魔せず引き立てる、しっとりとした甘さの生地にも仕上がる、ということです。

その他、京都には、あんこの芯をバームクーヘンように、何層もどら焼きの生地で巻いた、一風変わったどら焼きがあります。

毎月21日に、東寺で開かれる「弘法市」の間、2、3日の間だけ限定で買うことができます。気になった方は、21日頃を目指して京都へ向かいましょう。

もなか…ぱりぱりの皮で包まれていて餡がおいしく食べらます

もなか、というと和菓子よりも、アイスクリームの方を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

確かにあれもなかではありますが、あんこを包んでいるものとアイスクリームを包んでいるものでは、少し皮質が違います。

そんな、アイスクリームにもなっているもなかですが、その起源はどういったものだったのでしょうか。

もなかは、漢字で書くと「最中」と書きます。その名前の起源は、源順(みなもとのしたごう)という平安時代の歌人がよんだ歌によるものでした。

その歌は「水の面に 照る月浪をかぞふれば 今宵ぞ秋の最中なりける」というものです。この歌の季語は中秋の名月を指す「秋の最中」で、秋の美しい月についてよんだ歌です。

その後、江戸時代になって一番最初に売り出されたもなかは、「最中の月」という名前で有名になり、歌によまれたように、そのお菓子の姿とともに、月と関係のある名前でした。

その見た目は、現在のように皮であんこが包まれたものではなく、もなかのような生地のせんべいに、薄く甘い味をつけた麩焼きせんべいのようなものだったようです。

形は丸く、秋の美しい満月のようだったことから「最中の月」という名前がぴったりだったということです。

その後「最中まんじゅう」というものが出回りました。これは、現在のもなかと近い和菓子だったようです。

平安時代の歌から菓子のヒントを得るという、昔の菓子職人の、頭の柔らかさが垣間見えるエピソードですね。

さて、そんな風流な誕生秘話を持つもなかですが、その作り方はどういったものなのでしょうか。

もなかと言えば、その皮が特徴的ですね。もなかの皮は、もなかにとって命とも言える存在です。

皮が無ければただのあんこなのですから。もなかの皮には、桜や菊など古典的なものを始めとし、色々な形があります。

それには、ひょうたんや、お寺の鐘、閉じた形の番傘、ゴルフボールなど面白いものもたくさんあります。これらの形は、もなかの皮専用の型で作られます。

もなかの皮は、餅米の粉を水と混ぜ、蒸して作られます。これを、薄く伸ばしたものを専用の型に入れ、丁寧にぱりっと焼き上げます。

ぱりぱりに焼き上がった皮ですが、あまりにも長時間あんこを詰めたまま置いてあると、皮が湿気てしまう可能性があるので、もなかは早めに食べるのがおすすめです。

ぱりっ、さくっ、としたもなかの皮と、あんこのねっとり感は、くせになるおいしさです。また、そのようなことを考慮してか、もなかでも皮とあんこを別々に包装して売っている和菓子屋さんもあります。

食べる方が、食べる直前に自分で好きなだけあんこを詰めて食べる、というスタイルのもなかです。あんこが好きな方には特におすすめですね。

ちなみに、アイスクリームのもなかの皮は、このもなかの皮に改良を加えたものであり、餅米の粉以外にも、小麦粉やコーンスターチ、水飴などが配合されている場合があります。

これは、あんこと違って水気のあるものを挟むことから、耐水性をつけ皮を丈夫にする、という意味があります。

お赤飯って、和菓子屋さんに行くとなぜかよく売られてますよね

お赤飯は現代も、ひな祭りや入学祝い、卒業式や成人式などの祝いの席に登場し、日本人の行事には欠かせないものです。

コンビニなどで、おにぎりとして売られていることもあり、身近な存在であることから「餅やあんこは食べなくても、お赤飯は好き」という方も多いのではないでしょうか。

さて、「御赤飯は和菓子」というわけではないのですが、なぜか和菓子屋さんに行くと必ずと言っていいほど並んでいるものですね。というわけで、今回はお赤飯について紹介しましょう。

お赤飯の作り方は、餅米に小豆を混ぜ、蒸して作ります。餅米と小豆、という材料から和菓子屋さんには必ず置いてある材料でできています。

それでは、「なぜ、お餅などとお赤飯が一緒に売られているのか?」という理由については、「昔はお赤飯は、餅などと一緒におやつとして扱われていたから」という説があります。

その他、和菓子屋さんによっては、太巻きやおいなりなどの「巻き寿司」なども一緒に置いてあるところがあるのを、みたことがないでしょうか。

現代のようにスナック菓子などの無かった時代、太巻きやお赤飯は、ちょっと小腹を満たすような、まさに「おやつ」だったのかもしれませんね。

お赤飯をなぜ「お赤飯」と呼ぶのかについては、小豆の赤い色が米に付き、赤くなるためです。また、お赤飯を「おこわ」と呼ぶ場合もあります。

おこわ、とは漢字で書くと「お強(こわ)」と書きます。「強(こわ)」とは昔の言葉で「かたい」、「怖い」などの意味があります。

この「お強(こわ)」、「強飯(こわいい)」とは、餅米を蒸して作るもののことで、現在のように水から炊いて作る米を「姫飯(ひめいい)」と呼ぶのに対して、おこわは少し堅めの食感でした。

つまり、「おこわ」とは「かためのご飯」という意味があります。

おこわは現在では、「お赤飯」というよりも、餅米に栗や山菜、芋や鶏肉などを加えて蒸したものを言う場合がほとんどとなっています。

これは、餅米を蒸したもの自体を「お強」、「強飯」と呼んでいたためです。お赤飯もおこわの一つだったということですね。

さて、祝いの席に登場することがほとんどであるお赤飯ですが、地方によっては縁起の悪い日や、お葬式、不吉なことがあった日など、凶事の場合に用意する地域もあります。

これは、「小豆の赤には、邪気を払う力がある」「厄よけできる力がある」と信じられていたためもあります。

また、祝いの日には普通にお赤飯を用意するけれど、縁起の悪い日には、小豆ではなく黒豆を使って赤飯(赤くないので黒飯でしょうか)を用意する、という、区別をつけている地域もあるようです。

その他、元々お赤飯に使う豆といえば小豆ですが、小豆の代わりにササゲ豆を使う場合も多くあります。これは、小豆の皮は柔らかく、蒸し上がったものを混ぜると、すぐに割れてしまうからだ、と言われています。

では、「小豆が割れると何が悪いのか?」というと、武家社会では割れた小豆の腹が「切腹」を連想させたそうです。そのため、炊いても割れにくいササゲ豆を利用するところが増えました。